45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NZ ④ アロータウン~オマラマ



18日(土)
08:30 ホテルをチェックアウトして、アロータウンへ
09:00 アロータウンは、クイーンズタウンの北東約21kmに位置する町
1862年に金が発見され、ゴールドラッシュで栄えた歴史を持ち、現在も石畳のメイン通りバッキンガム・ストリート沿いに当時の面影を残す建築物が並んでいます。
黄葉の名所としても有名で、毎年4月下旬には黄金色に彩られる町を舞台にアロータウン・オータム・フェスティバルが開催されます。
このお祭りではゴールドラッシュ時代の服装に身を包んだパフォーマーたちによるコンサートやパレードが見られます。あと一ヶ月後は、町はゴールデン色に染まって素敵だろうなあ~。
朝一なので人が少なく静かです。1時間ほど散策してたら、だんだんツアー客が増えて来ました。
b0065418_20521199.jpg

b0065418_20391585.jpg
b0065418_20393137.jpg

b0065418_20395773.jpg
b0065418_20401464.jpg
b0065418_20402716.jpg


10:00 カワラウ・ブリッジ(43m) バンジージャンプ発祥の地
b0065418_20495088.jpg

観ている間に、ペア1組と女性が1人飛び込みました。
b0065418_2050548.jpg

こちらは、ワイヤーにぶら下がっているので、わたしでもできそうだな~(^^;)
b0065418_20501739.jpg


国道8号線は、ギブストンバレーのぶどう畑からクロムウェルのフルーツに変わる。
ニュージーランドは秋の初め、フルーツの最盛期

12:00 フルーツ直売所に寄って、りんごとプラム(ヤミー)を買う。
プラムとあんずのかけ合わせた「ヤミー」がすごく美味しかった~♪
りんごは日本のゴールデンデリシャスとニュージーランド産(名前は忘れた)
いろいろ味見ができるので良いおやつになりました(^^;)
b0065418_2140388.jpg

一袋約600円、日本のと比べると小粒だけど、安いでしょう!
b0065418_21414257.jpg

プラムは約1200円
b0065418_21442957.jpg

景色はフルーツ畑から羊さんに
b0065418_2152588.jpg

「おーい!」と呼ぶと、皆こっちを見て、可愛いです!
b0065418_21531125.jpg

NZで一番標高の高い国道リンデス峠を越えて、一路次の町らしい町オマラマへ
b0065418_2151677.jpg

b0065418_2223158.jpg

13:30 オマラマ到着
やっとここでガソリンスタンド発見、クィーンズタウンからここまでありませんでした。
セルフで給油して店の中で番号を言ってカードで支払う。
ガソリンは日本より高く、レギラー(緑ノズル91)で2,03$
b0065418_9242117.jpg

レジのお兄さん
b0065418_22121162.jpg

隣りのカフェでピザ、ミートパイ、フッシュフライ、コーヒーでランチタイム
大きな白身魚のフライが熱々で美味しく、この後、フッシュ&チップスにはまりました(笑)
b0065418_22134053.jpg
b0065418_22135428.jpg


アロータウンからアオラキマウントクックまでの動画です。



午後 クレイ・クリフへ つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-03-29 22:22 | NZ

NZ ③ ミルフォードサウンド・クルーズ

16:20 オーバーナイトクルーズ船ワンダラー号に乗船 一泊2日($385)
画像は、同じツアー会社のもう一艘のマリーナ号(ネットから拝借)
b0065418_118545.jpg

船室はダブルorツイン
b0065418_119277.jpg

乗船してクルー紹介後すぐに軽い食事 パン&カレースープ
b0065418_11194785.jpg

17:00 静かな入り江に停泊、小船に乗り換え、ミルフォードトラックの最終ポイントサンドフライへ移動、
有名なミルフォードトラックを逆コースで2時間ほど散策、憧れの散歩コースをちょっぴりでも体験できて嬉しい~♪
b0065418_11285490.jpg

動画でどうぞ


散策中に出会った鳥は、キ-ウィに似ているニュージーランド固有種の飛べない鳥「ウェカ」と尾羽が扇のような「ファンティル」
珍しい鳥を間近に観れてラッキー!
人間がやってくるまで哺乳類がおらず、”鳥の楽園”だったニュージーランド。
長きにわたって天敵がいなかったおかげで多くの鳥たちは飛ぶことをやめ、あるいはほとんど飛ばなくなったそうな。

20:00 船に戻り、シャワーを浴びて休憩
21:20 夕食 たくさん歩いたので、ビールが美味しい!
b0065418_1130348.jpg

22:00 就寝

17日(金)
07:00 早朝まだ暗いうちに外洋タスマン海に向けて出航
b0065418_11393044.jpg

b0065418_11374826.jpg

サウンドとは入り江の意味。標高1000m以上の山が海に落ち込んでいる。
b0065418_11432434.jpg

岩の上にオットセイ
b0065418_11434670.jpg

大きな滝の側まで近づいて、船先にしぶきがかかり、迫力満点!
b0065418_11474397.jpg

早朝のフィヨルドは、ナイトクルーズ船の3隻だけで静かです。

動画でどうぞ


b0065418_1153394.jpg

09:00 下船 スタッフさんたちと一緒に記念写真
b0065418_1154688.jpg

ドイツから参加の女性と一緒に
クルーズではその他にもドイツ、スイス、中国、韓国の方たちとの楽しい出会いがありました。
b0065418_11585094.jpg

感動のクルーズの思い出を胸に、皆さんそれぞれ次の地へ
b0065418_1225261.jpg


09:50 ホーマートンネルを越えた広場で同じクルーズ船の皆さんに再会
残念ながら今日は曇っていて懸垂氷河は観えません(涙)
その代わりに、人懐っこい高山オームのケアがお出迎え
b0065418_1251664.jpg

b0065418_1272955.jpg
b0065418_1274597.jpg

韓国からひとり旅の彼女と一緒に
b0065418_128015.jpg

10:40 ミラー湖は、今日は少し風が・・・
b0065418_1212494.jpg

11:00 エグリントンバレーにも、今日はたっぷり時間があるので下車して
b0065418_12122121.jpg

11:20 テアナウダウンズで休憩 憧れのミルフォードトラックはここが出発地点
b0065418_12181287.jpg

12:00 テアナウ湖畔
b0065418_12183156.jpg

秋が始まっています
b0065418_12222680.jpg

14:20 途中ガストンで休憩 ランチタイム
b0065418_12275814.jpg
b0065418_1228127.jpg

15:30 クィーンズタウンに戻り、昨日と同じハートランドホテルへチェックイン
今日も同じファミリールーム、昨日の隣り部屋 
画像はネットから拝借、実際はソファーのところにベッドがもう一台と食事用のテーブルがある。
b0065418_12362210.jpg

今日は金曜日のせいか? 珍しく途中町の入り口モール付近から大渋滞、30分近くのロス、
町も車、車、人・人・・・・一昨日(水)とは大違い
ひと休みして、町を抜け出して北西へ約48kのワカティプ湖の北の端グレノーキーへ
b0065418_12294620.jpg

雪の被ったサザンアルプスを観ながら100kで走る、湖畔の素晴らしいワインディングロードをドライブ

動画でどうぞ


18:30 グレノーキー
ここはサザンアルプス登山の基地。山を越えればミルフォードサウンドにも近いのですが、ルートは無し。
b0065418_1374927.jpg
b0065418_13863.jpg


30分ほど散策して、同じ道をクィーズタウンへ戻り、夕食を食べに町のメインストリートへ、
今日は金曜日、ラグビーの試合があった後のようで、町は若者サポーターで溢れかえり、
スポーツバーは祝杯で大盛り上がり。
美味しいファーグバーグをもう一度食べたかったのだが、とてもとても・・・
ガイドブックに載っていた中華レストランで夕食。大好きな広東料理のお店でどれも皆美味しかった!
画像を撮るのを忘れて一心不乱に食べてしまいました(笑)
満腹のお腹を抱えて、帰りにスーパーに寄り、明日の朝のパンなどを買ってホテルに帰り、轟沈。
おやすみなさい。。。 つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-03-28 13:34 | NZ

NZ ② ミルフォードサウンドへ



3月16日(木)
08:30 ホテルチェックアウト後レンタカー会社バジェットで車を借りる。
09:00 クィーンズタウンを出発して、テ・アナウを経由してミルフォードサウンドへ(292km)
 

↓ 南島の緑の線が5日間で走ったコース(走行距離約1250k)
b0065418_14274480.gif


クィーンズタウンからミルフォードサウンドまでのドライブ 動画でどうぞ


11:30 テ・アナウの町中のスーパーで昼食用に温かいピザ、トマト、ミカンを買って、
眺めの良いテ・アナウ湖畔でランチタイム
b0065418_14423751.jpg


テ・アウナ湖の端 テ・アナウ・ダウンズで休憩
b0065418_14482731.jpg


エグリントンバレー を通過 甲子園球場の670倍の広さ
b0065418_14564823.jpg


ミラー湖 散策
b0065418_14435078.jpg
b0065418_1444473.jpg
b0065418_14442038.jpg


ホーマートンネル 1219m、18年間もかかり貫通
b0065418_155514.jpg


氷河が岩壁に引っかかっているように見え「ハンギンググレーシャー(懸垂氷河)」と呼ばれる
b0065418_14593676.jpg


ザ・チャムズ 散策
裂け目・割れ目をいう意味がある。15分ほどの原生林の遊歩道がある。
b0065418_159485.jpg

b0065418_1514333.jpg

b0065418_15154279.jpg


15:00 ミルフォードサウンドに到着
b0065418_15185724.jpg

b0065418_15173357.jpg


さあ! いよいよオーバーナイトクルーズに乗船です! つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-03-27 15:24 | NZ

NZ ① クィーンズタウン



3月15日(水)
昨日18:30成田発、ニュージーランドエアーラインで
オークランド08:30着が20分遅れで到着
クィーンズランド行きは10:30発
無事に乗れるかな?
入国審査は長蛇の列、外国人用の検査官は2人、
1人はなんとも面倒くさい(泣)
イライラしながら並んでいたが、ニュージーランド人の用の窓口が空いたのでそちらに移動

ここで30分ロス、それからスーツケースを受け取り、更にセキュリティーチェックを受け、
国際線の外に出た時は、クィーンズタウン行きフライトの1時間を切っていた。
国内線は歩いて10分、連絡バスも走っているが15分間隔、待っていられない。
外に出て緑のラインを国内線空港を目指してスーツケースを引きずり、歩いた・・・歩いた・・・暑かった!!!

やっとのこらさで到着、チェックイン、
すると、「too late!!」
別の窓口に行くよう言われ、そこで「成田からの飛行機はオンタイムで到着したか?」と聞かれ、
「20分遅れた」と話すと、次のフライトのチケットを発行してくれた。もちろん無料。
今日空港に迎えに来てくれるグローバルネットに電話して、遅れる旨を伝えねば、
両替して電話を探し、初日からバタバタの連続。
この日は、もう一回バタバタハプニングが・・・

無事に12:00発の飛行機に乗りクィーンズタウンへ
1時間半のフライト、サザンアルプスの真上を飛行
マウントクックが目の前、氷河もはっきり、これから行くプカキ湖も見える。
まるで遊覧飛行のような景色が続く。こっちの窓際で良かった~。
b0065418_145898.jpg


動画でどうぞ


クィーンズタウン空港到着
グロバルネットの方が迎えに来てくれていた。
18年間ここに住んでいる日本人女性フォークさん、
車の交通ルール説明、市内を簡単に案内しながらホテルまで送ってくれる。
そこで明日のナイトクルーズとホテルのバーチャーをもらう。

この時の彼女の話では、この乗り継ぎは今まで80%の人が遅れたとのこと。
成田からの飛行機で一緒だった団体さんは慌てずに12:00のフライトでした。
それなら、最初からそういう乗り継ぎさせないでよ。
このことは、もう私たちのような苦労はしないようにと、帰ってからメールで進言した。

なにわともあれ、眺めの良い部屋でひと休み
ホテルの中でも眺めの一番よいエリアのファミリールーム、
1階にベッドが2つとバスルーム、2階にベッドが2つとキッチン付き
冷蔵庫、電子レンジ、湯沸しポット、トースター、ホットプレート、鍋、皿・・・
この後のホテルでも皆、冷蔵庫、電子レンジが付いて、とても重宝した。
もちろん、コーヒー、紅茶もたくさんセットされている。
b0065418_14354534.jpg

b0065418_14403388.jpg


ひと休みしたら、さあ、観光だ!
お天気がいいので、まずはゴンドラに乗って展望台へ(往復33$)
b0065418_14465571.jpg

マウンテンバイクが一緒にはびっくり!
頂上から下る専用コースが完備されているので、沢山の人がいる。
b0065418_14441688.jpg

素晴らしい眺め~!!
泊まっているホテルも見える。

動画でどうぞ


b0065418_14495494.jpg

リュージュコースも完備、リフトにぶら下げて上り下って来る。楽しそう~♪

ここにも日本人が少なく、隣国のツアー客が大勢、この後の観光地でも同じでした。
本当に最近はどこも隣国人だらけで、大きな声で話すのが耳につく。

そろそろお腹が空いたので下へ下りて、有名なハンバーグ屋さん(ファーグバーグ)へ。
ここは超人気店で常に長蛇の列なのだが、時間のせいか運よく10分ほど待つだけでジャンボハンバーグをゲットできた。
b0065418_1522939.jpg
b0065418_1524512.jpg

やっぱり、美味しい!!
並んでも食べたい気持ちが分かる。
私たちももう一度食べたくて、2日後に来たが、あまりの長蛇の列であきらめた(涙)

お腹もいっぱいになったので湖の方へ
b0065418_1565788.jpg

波打ち際でのんびり過ごす。

スーパーで夕飯用に、ローストチキン、ローストラム、サラダ、ビール、明朝用のパンを買ってホテルへ戻る。
ホテルから町の中心までは歩いて10分、便利な場所です。

ここでまたドタバタハプニング発生
カメラの電池を充電しようとしたら、アダプターの穴が合わない。
ホテルは斜めが2つ、アダプターの穴は真横が2つ。
どうしよう? 使えない。困った!困った!
まずは、ホテルのフロントへ行って、売っているらしい店を2つ教えてもらって、わたし1人で町へ坂を下って行く。
b0065418_15214967.jpg


教えてもらった2ドルショップが分からず、若いカップルに聞いたら、親切に店まで連れて行ってくれた。
そして、あったので買おうとして、「どこから来たの?」「日本から」と話していたら、
奥から日本人が出てきて、「それはこうすればいいのですよ」と、
わたしの持って行ったアダプターの2つの真横の部分を斜めに動かした。
「あっ!動くんだ」
「そうですよ。この型は昔わたしの店でも売っていたのですが、ニュージーランドではいろいろ厳しくて今は売れなくなりましたが、使用して大丈夫ですから、これでいいですよ」
「それでは、申し訳ございませんが」
と丁寧にお礼を言って、買わずに戻る。
日本人の彼はこの店のオーナーさんで、日本からと聞いて、出て来てくれたよう。ラッキー!

わたしがバタバタ町を往復している間、3人はワカティプ湖の素晴らしい夕景を楽しんでいたとのこと。
坂道を登りながらの一枚
b0065418_15421013.jpg


ほっとして夕飯タイム
b0065418_15433679.jpg


こうしてバタバタのニュージーランドの一日目は終わりました。
明日からはレンタカーの旅、どうぞ無事に旅が続けられますように。。。
[PR]
by wasabimz | 2017-03-25 15:54 | NZ