人気ブログランキング |


45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

セゴビア③


やっと、お目当てのローマ水道橋にたどり着きました。
本当はいの一番にここに来るはずだったのに、道を間違えて、でも怪我の功名、午後のため観光客もまばら、それに陽が傾き、みごとな水道橋の影まで観ることができて幸せ~♪

世界遺産・ローマ水道橋
長さ813メートル、高さ28.5メートルに及ぶ水道橋は、世界で最も保存状態の良い水道橋と言われています。128の美しいアーチで構成されている水道橋は、2万個以上の巨大な石を積み上げて作られています。石はくぎなどで接合されておらず、ただ積まれているだけ、漆喰なども使用されていません。そこには驚くべきローマの土木技術が込められています。18キロ離れた水源の水をセゴビアの町に運んでいたこの水道橋は、19世紀末まで実際に使われていました。今も水道橋には水を流すことができます。
b0065418_16174997.jpg

b0065418_1619992.jpg
b0065418_16193097.jpg

どうして、あの大きな石が落ちないの?
もう不思議で不思議で・・・いつまでも眺めていました。
それも2000年前に造ったという、その頃の日本は、弥生時代?
凄いなあ~~~~!!
石の大きさ分かります?
b0065418_16213222.jpg


サン・ミリヤン教会
11世紀~13世紀に建立。3つの回廊を有する。
ロマネスク様式の傑作。
セゴビアの建物には、キリスト、イスラム、ユダヤ、3つの宗教の融合が随所に見られます。
スペインへ来て初めて、宗教間の戦いの歴史、十字軍のことなどが現実味を帯びて理解できました。
b0065418_16233729.jpg


セゴビア発17:00のバスでマドリッドへ 6.85€ 安いでしょう。
1時間半のバスの中は皆さん爆睡、もちろんわたしも^^;
目が覚めたら、夕暮れのマドリッド市内でした。
b0065418_16353287.jpg

疲れてホテルへ戻りたいけど、明日はバルセロナへ移動。
どうしても、観ておきたいものがあと一つ
ピカソの「ゲルニカ」これだけはなんとしてでも観ておかなければ。
最後の力を振り絞り、地下鉄に乗りソフィア王妃芸術センターの有るアトーチャ駅へ

地下鉄を下りて地上に出たけど、暗くてどこにあるのか?自分がどこにいるのかさえも分からない?
そういう時は聞くのが一番、なるべく地元の人らしい人を探して、工事中のお兄さんに聞いたら、スペイン語だったけど、丁寧に建物の見えるところまで連れて来てくれて教えてくれた。Gracias!
旅先で道を尋ねる時は、絶対に現地人に、これ旅の知恵。

ソフィア王妃芸術センター
20世紀の現代美術を集めた美術館。
元々病院であった古い建物は1990年改築され、イギリス人建築家、イアン・リッチーによってデザインされた流行の先端を行くガラス張りのエレベーターが印象的な建物です。
b0065418_16404090.jpg

b0065418_16543287.jpg


*ピカソとゲルニカの関係

スペイン内戦中の1937年、バスク地方の小都市ゲルニカがスペインのフランコ将軍から依頼されたドイツ軍により空爆され、多くの死傷者を出した。この事件をきっかけに、ピカソは有名な『ゲルニカ』を制作した。死んだ子を抱いて泣き叫ぶ母親、天に救いを求める人(作品左側)、狂ったようにいななく馬(作品中央)などが強い印象を与える縦3.5mx横7.8mのモノトーンの大作であり、同年のパリ万国博覧会のスペイン館で公開された。ピカソはのちにドイツ軍の将校から「『ゲルニカ』を描いたのはあなたですか」と問われたとき、「いや、あなたたちだ」と答えた。

スペイン内戦がフランコのファシスト側の勝利で終わると、ピカソは自ら追放者となって死ぬまでフランコ政権と対立した。『ゲルニカ』は長くアメリカのニューヨーク近代美術館に預けられていたが、ピカソとフランコがともに没し、スペインの民主化が進んだ1981年、遺族とアメリカ政府の決定により〈スペイン国民〉に返された。現在はマドリードのソフィア王妃芸術センターに展示されている。

この絵の完成するまでの過程が、写真で紹介されていました。
そちらも興味深かった。
美術館には、その他にも、ピカソ、ダリ、ミロ・・・の絵が沢山ありました。
でも、現代絵画は??
ピカソの大作「ゲルニカ」だけは、戦争の恐ろしさを感じることができた。
が、しかし、広島の原爆の絵の方が、その数百倍も実感できる。

この美術館、日曜日や特定日は無料のようだけど、今日は何の日?
チケット売り場の窓口で「今日はフリーです」と、
パパさんは、「今日は俺の誕生日だから」と笑う。そんなこと無いでしょう^^;
いずれにしてもラッキー!♪

外へ出てみたら、真っ暗
この広い道路を渡って、アトーチャ駅から国鉄に乗ってホテルへ帰ります。
b0065418_1793632.jpg

アトーチャ駅は日本で言うと東京駅
その駅の構内に、なんと植物園が出現、これにはびっくり!!
スペイン人の考えることは、やっぱり想像を絶する!!
そのことは、次のバルセロナで更に更に実感させられた。
b0065418_17132655.jpg

池には亀が沢山います
b0065418_17135426.jpg

マドリッドには3泊したけど、マドリッド市内の見学は、ゲルニカとアトーチャ駅のみ。
やっぱり、わたしは田舎者、都会より田舎がずっと好き^^;
by wasabimz | 2011-02-22 14:32 | スペイン