人気ブログランキング |


45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

6/25 アルハンブラ宮殿





ホテルでの早い朝食を終え、歩いて5分のナスル宮殿前へ
朝一の8:30入場チケットです。
10分前に到着。既に数人の列ができている。でも空いている。
朝一は空気も涼しく清々しい。
b0065418_13584188.jpg

そしていよいよ宮殿内へ。順路に沿って進んでいくとまず見えてくるのはメスアルの間。
b0065418_1024108.jpg

壁や天井にはアラビア模様のタイル等が広がっており、その緻密さに圧倒されます。
b0065418_1025148.jpg

 
朝一の見学は、本当に静かでゆっくり、贅沢な気分~♪
この超有名な場所も、このとおり
アラヤネスのパティオ
 プールのような長方形の池がある中庭で、大理石柱とアーチの回廊に囲まれている。アラヤネスとは池の両側に植えられている天人花のこと。池の両側の建物には4つの部屋があり、王の4人の正室の部屋になっている。
 アラヤネスの中庭から高さ45mのコマレスの塔 Torre de Comares が見える。宮殿で一番の広さを持つ大使の間は、コマレスの塔の内部にある。
b0065418_13575790.jpg


ここで、ブルガリア出身のカップルから声がかかり、一緒に記念写真を。
「ブルガリアは、とっても行きたい国です!」
彼らは、6年前にスペインに来てこちらで働き住んでいるとのこと。残念^^;
お互いにメルアドを交換して、しばらく一緒に見学
今回私は、名刺サイズのメルアドを書いたカードを持参。
あちこちで、仲良くなった人たちと交換しました。カードを作っておくと便利です。
b0065418_1464015.jpg


ライオンのパティオ
 14世紀に完成した「ライオンのパティオ」は宮殿の中で最も有名な中庭で、124本の大理石の細い列柱が立ちならぶ回廊に囲まれている。中庭には12頭のライオンが雪花石膏 alabaster の水盤を支え、シエラネバダの嶺から流れ来る清水が噴水となって湧き出ている。
 ここは王の寵愛を受けていた女性たちのハーレムで、大理石柱の装飾はアラビア建築の最高峰といわれる。「ライオンのパティオ」の周囲には「諸王の間」「二姉妹の間」「アベンセラへスの間」などが配置されている。
b0065418_1418549.jpg


ライオンの噴水
 12頭のライオンが噴水を取り囲んでいる。かつてこの噴水は水時計の役割を果たしており、1時には1頭のライオンの口から水が流れ、2時には2頭のライオンの口から水が流れる仕掛けになっていたという。
b0065418_14142483.jpg


二姉妹の間
 宮殿内で特に美しいのが二姉妹の間の天井。八角形の天井には蜂の巣のように細密な鍾乳石飾り(モカラベ)が施され、天窓から差す光が彫刻に反射して宝石のように輝いている。
b0065418_1416108.jpg

b0065418_141998.jpg


精密なアラベスク模様、イスラム教の経典コーランの文字が書いてある。
宮殿全体が大きな経典、みごとです。
偶像崇拝を禁じるイスラムでは、内装に人物の絵のかわりに幾何学模様が用いられています。
b0065418_14251545.jpg


修復の作業中
b0065418_21324931.jpg


ダマスの塔と池
b0065418_14253153.jpg


ヘネラリーフェ(夏の別荘)が見えます。
b0065418_14255044.jpg


果樹園越しにナスル宮殿
b0065418_14302469.jpg


ヘネラリーフェ
 ヘネラリーフェとはアラビア語で「天の楽園」という意味で、天国にあるという水の庭園のイメージを形にしたものとされています。宮殿の東に少し離れて建つ「ヘネラリーフェ」は、王が政務から逃れて息抜きをしたり、王室の私的な楽しみのために1319年に造られた夏の離宮で、庭園の美しさで名高い。
シエラ・ネバダ山脈から引かれた水は途絶えることなくこの庭園を潤し、噴水は敷地の高低差を生かしたもので、イスラムの土木技術水準の高さを伺わせます。
 
b0065418_1432138.jpg
b0065418_14314811.jpg


スペインは今、キョウチクトウが花盛り、至る所に咲いてます。
それも日本のとは少し違って、花が大きくて、色数も豊富、
このアーチなんて、まるでバラのアーチのよう~♪
b0065418_14435753.jpg


ここでひとまず、ホテルに帰ってチェックアウト。
午後は、アルカサバを見学。
この時間になると、午前の部と午後の部の人たちが一緒になって、ものすごい人出
ナスル宮殿を朝一で見学できて良かった~!
b0065418_14482586.jpg


パパさんもだいぶ慣れて、買い物もひとりでできるようになりました。
「コーラ、ドス!」
簡単! パパさんはスペイン語、数字だけは得意ですから(笑)
ちなみに、1,2,3,4、5・・・ウノ、ドス、デレス、クワットロ、シンコ・・・
b0065418_14525639.jpg


アラブパンツ、可愛いい~♪
b0065418_14543257.jpg


アルカサバ(城塞)
 宮殿西部にあるアルカサバは13世紀に断崖の上に築かれた城塞で、最も古い建物である。現在は柱と土台が残るだけだが、当時は兵士の宿舎があり、城壁は2kmも続き、30以上の塔が林立する難攻不落の要塞だったという。現存するベラの塔 Torre de la Vela からの眺めが素晴らしい。
b0065418_1523625.jpg

b0065418_1534516.jpg

スペイン代表のユニフォーム、真っ赤でステキでしょう~
b0065418_1544670.jpg


※一部説明文は、和田フォトさんのHPからコピペさせて頂きました。
  和田さん、ご承諾ありがとうございました。
by wasabimz | 2012-07-24 14:55 | スペイン