45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

スイス ④ 3日目ユングフラウは雲の中

7月15日(金)
スイス3日目、やっと晴れた!
アイガーが顔を出したのでホテルの周辺を朝のお散歩
b0065418_17383210.jpg

b0065418_17374013.jpg

b0065418_1739572.jpg

歩き出したら、すぐに霧に包まれてしましった。
一瞬の晴れ間、動画でどうぞ。


ホテルに戻って、朝食です。
b0065418_1742167.jpg


ユングフラウ頂上の方は雲っていて、展望は怪しいけど、今日はミューレンへ移動なので行くしかない。
この登山鉄道はアイガー、メンヒの山の岩盤の中をくり貫いてユングフラウヨッホまでトンネルで結ぶ凄い鉄道。

ユングフラウ鉄道(Jungfraubahn)はスイスの登山鉄道で、19世紀末から20世紀初頭にかけて建設された。終着駅のユングフラウヨッホは、ヨーロッパで最も高い場所に位置する駅である(海抜3454メートル)。
全長9.3キロメートル、三相交流電化50ヘルツ1125ボルトで軌間1000ミリ、シュトループ式のラックレールを用いたラック式鉄道で最大勾配は250パーミル。日本で最も急な勾配がある区間より、さらに3倍ほど急な傾斜である。始発のクライネ・シャイデック駅を出発すると、アイガー、メンヒ両山の山中をトンネルで通過し、ユングフラウの途中にある終点ユングフラウヨッホ駅まで登る。終点ユングフラウヨッホ駅はヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅である。全区間の所要時間は約50分程度である。電車に乗っているほとんどの時間はトンネル内であり、風光明媚な景色が常に車窓から見られるわけではないが、トンネル内には二つの駅があり、そこで乗客は下車して駅舎の窓から周辺の山々を眺望できる。旅客を運ぶだけでなく、ユングフラウヨッホの諸施設のための水なども運搬する。(ウィキペディアより)

そんな凄い鉄道なので、料金も凄く高い!
スイスパスの割引(25%)でも日本円で10000円。
私たちは20年目に行ったので、行かなくても良かったのだが、今回は妹夫婦の案内なので再訪することに。
ホテルにスーツケースを預けて、一番電車に乗り込む。
どうど、上は晴れていますように。

動画でどうぞ。


途中トンネル内の2つの駅で停車する。
アイガーの北壁の壁の窓から外を覗く「アイガーヴァント」、今日は全く見えない。
2つ目の停車駅「アイスメーア」、氷河が崩れ落ちるところはいくらか見えた。
b0065418_1824357.jpg


クライネシャイデックから52分で、世界で一番高い鉄道駅「トップ・オブ・ヨーロッパ」に到着。
エレベーターで展望台へ上がったけど、あいにく雲の中で何も見えない。
しばらく待っていれば晴れるかも?
その間に、氷の宮殿を見学して来よう。
ユングフラウヨッホ駅は、20年前とは変わり、まるで天空のテーマパークのようになっていた。
それで料金も上がったのでしょう。
こんなアトラクションは、20年前にはありませんでした。

動画でどうぞ。(氷の宮殿はありましたが)


氷河の中に造られた氷の宮殿。
20年前には日本人を喜ばすために、相撲の力士さんの彫像があったのだが今は無い。
当時は、ここの観光客は日本人が大部分で、日本人ツアー専用列車もあったほど。現在走っている赤い車両が当時のツアー専用電車でした。当時私たちは乗れなかったなあ~。
今は二本人より断然韓国中国人の方が多い。だから力士さんは居ないのだ^^;

しばらくして、もう一度展望台へ上がってみたけど、やはり一面真っ白、外へは寒くてとても出られない。
暖かいコーヒーを飲み待ってたけど、雲が切れそうに無いので、世界で一番高いところにあるチョコレート屋さんでお土産のチョコレートを買って、あきらめて下山することにした。残念・・・

20年前はこれ以上無いというような晴天、濃紺の空でした!
アレッチ氷河の上まで下りて、犬ぞりに乗ったり楽しんだものです。
b0065418_1915673.jpg

b0065418_1922419.jpg


帰りのアイガーグレッチャー駅で、一緒に乗っていた日本人ツアー客が大勢下りた。
ここのレストランでランチをして、その後クライネシャイデックまでハイキングの予定だそうですが、この雪では無理だろうなあ~?
私たちも同じ予定を立てていたけど、却下。
停車中の車掌さん
b0065418_1934938.jpg

b0065418_1941824.jpg


クライネシャイデック駅に戻りました。
b0065418_1951519.jpg

ホテルの前では、南アフリカ来たファミリーが雪遊び
b0065418_1961016.jpg

8時の始発の電車で登って、ホテルへ戻ったのは12時でした。
スーツケースを受け取って、2泊お世話になったホテルにお別れ、この後ミューレンへ。
b0065418_1984564.jpg

お天気もだいぶ良くなって来ました。
b0065418_1994064.jpg


ミューレンへつづく
[PR]
by wasabimz | 2016-07-29 18:30 | スイス