45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

ワールド・ビジョンの活動

b0065418_9563336.jpg

b0065418_9583979.jpg

ウガンダ、カサオゥ・プロジェクトのワールド・ビジョンオフィスです。
支援を初めて、今年で11年目、ここでの活動は2012年までの予定です。
今回のツアーは、支援者17名、スタッフ2名、合計19名で、ウガンダとケニアの訪問です。

最終ゴールの目標は、
カサオゥ地区の3,000世帯の社会・経済状態を改善することを目標にしています。

具体的な目標として
1、 教育: 学校建設支援、職業訓練、大人のための識字教育、
2、 農業・経済開発: 農業・畜産技術の向上、換金作物を含む多品種栽培の導入、促進等
3、 保健衛生: 地域に根ざした保険サービス体制の強化、特に女性の健康を守るための活動、
   HIV/エイズ対策の推進
4、 倫理・道徳: 地域リーダーに対する研修やイベント・ミーティングの開催を通して、地域住民が
   健全な倫理・道徳観を持つこと、また子どもたちに豊かな心が育つように努めます。


今回、私たちのツアーの母体であるワールド・ビジョンについて紹介したいと思います。

ワールド・ビジョンの始まり

b0065418_0413769.jpg ボブ・ピアス。アメリカ生まれのキリスト教宣教師によって、ワールド・ビジョンの活動は始められました。彼は、1940年代に中国に渡り、人々の過酷な現実に目を奪われ、「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」と考えるようになりました。 その後、韓国を訪れ、朝鮮戦争によって傷ついた人々や多くの戦争孤児が生まれ、食糧、水、住居の支援が必要なことを知りました。そして1950年9月、アメリカのオレゴン州ポートランドでワールド・ビジョンを設立したのです。韓国の戦争孤児や寡婦、ハンセン病や結核患者たちに救いの手をさしのべることから始まったこの活動は、現在約100カ国で、地域開発や緊急援助などの支援事業を展開しています。

ワールド・ビジョンは、1950年に設立されて以来、子どもを中心とした支援活動を展開しています。チャイルド・スポンサーシップで支援する支援チャイルドは190万人で、そのほかにもストリートチルドレン救済、労働や性産業で搾取を受ける子どもの保護、教育、保健衛生・医療、生活改善、子ども権利の推進などさまざまな支援を行っています。1996年に行った調査では、世界約100カ国で活動する各国のワールド・ビジョン事務所の70%が、何らかの形の子どもに関する問題に取り組んでいます。ワールド・ビジョンが子どもの安全と権利にこだわる理由の一つは、子どもに対する虐待や不正行為を目の当たりにしていることにあります。
   http://www.worldvision.or.jp/top_index.html   WVJのHPより

b0065418_1031093.jpg

オフィス前に集まって来た子どもたちの顔は、初めて見る日本人に驚いているようすです。
この子どもたちも、時間が経つにつれ、こぼれんばかりの笑顔に変わってきて、言葉は通じなくても、帰る頃には、すっかり仲良しに・・・

b0065418_1013498.jpg

地域住民総出で、道路の整備作業中でした。
日本なら、重機を使って簡単な作業も、一鍬、一鍬、手作業です。
彼らのみんなで行う一生懸命な姿に感動しました。
私の住んでいる地域の道普請(地域共同作業)を思い出しました。
今は、おおかた舗装道路なので、道路脇の草を刈る程度ですが、昔は、こうして道路の普請をしたものです。
[PR]
by wasabimz | 2005-09-05 01:04 | アフリカ・ウガンダ