45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

チャイルドと対面

夢にまで見たチャイルドとの対面
心地好い風が頬をなでるサバンナの木陰で、その時がきました。
最初にスポンサーである私たちの名前が呼ばれ、その次にチャイルドの名前がよばれ、
保護者に付き添われ最高に緊張したチャイルドが目の前に・・・
この瞬間は、私たちもとても緊張して、何を話したらいいのか困ってしまい、
ただニコニコするばかり・・・

b0065418_21513371.jpg
東京在住の田丸さんとチャイルドです。
田丸さんの嬉しそうな顔・・・
この時を、夢にまでみていたのですもの、
見ているみんなの顔も嬉しそう。

b0065418_2152428.jpg
東京在住の仲田さんとチャイルドです。
チャイルドのお母さんの
伝統的なマサイの衣装
が素敵です!
仲田さん、とても緊張しています。
このツアーの後、彼女は結婚しました。
この写真掲載のお願いメールの返事にそう書いてありました。
おめでとう! 仲田ちゃん!
独身最後の良い思い出、楽しかったね。
仲田さんとは、マサイマラ国立公園のホテルで、アフリカの降るような星空が観たくて、
真っ暗なホテルの敷地を走り回った楽しい思い出があります。

b0065418_21535287.jpg
松本さん(東京在住)とチャイルドです。
やはり、お母さんの衣装が素敵!
特に、首から提げた手作りのビーズの首飾りがみごとです。
松本さん、この豪華なジャラジャラした首飾りをプレゼントされてごきげんでした!
この後の旅でも皆さんそれぞれチャイルドから頂いたビーズの飾りを、
嬉しそうに身につけていました。
さすが、成田までは着けていませんでしたが(笑)
彼女の手にしているポラロイドカメラは、大活躍。
チャイルドの目も、このカメラに釘付けです(判りますか?)
松本さんとは、ウガンダの路上市場の食べ歩きの思い出が、
白いトウキビ、シシカバ、ピラニア・・・思い出します。

b0065418_21544516.jpg
対面を終えたカップルは、それぞれに分かれて、チャイルドと共に、
コミニュティーの皆さんの用意したランチを戴きました。
江口さん(磐田市在住)も嬉しそう。
彼のチャイルドは、お父さんと一緒です。

b0065418_21562974.jpg
マサイのごちそうは、山羊の肉とウガリ(トウモロコシの粉で作る主食)
ウガリはウガンダでも食べました。
アフリカの代表的な主食です。世界一貧しい主食と言う人もいますが、
以前、中国・満州に行った時も、同じようにトウモロコシの粉でできたパンみたいなものも食べました。満州も貧しい所でした。
山羊の肉は、美味しかった!!
「アフリカで一番美味しいものは?」
って聞かれたら、私は一番に「山羊の肉!」と答えるでしょう。
塩味だけの素朴な味でしたが、生きている山羊を思い出しながら
「命を与えてくれてありがとう!」と感謝して戴きました。

バナナやオレンジは、ここマサイでは貴重なもの。
ウガンダでは、バナナはどこでも生えていたし、その他の果物も豊富でしたが。
マサイの子どもたちは、このバナナ、たぶん年に数度しか食べられないんでしょう?
果物は、最後に食べようと取って置いて、ちょっと席を外して帰って来たら、このバナナ、
しっかりチャイルド・ナムニャックちゃんの手に握られていました。

b0065418_2158174.jpg
私のチャイルド、ナムニャックちゃんです。
この写真は、対面してしばらく時間の経ったものです。
ランチの時は、まだ、こんな笑顔がありませんでした。
バナナとファンタのビンを、宝物のようにしっかり握っていました。
「そのバナナ、私の・・・」なんて言えません。

マサイの元気な子どもたちの笑顔に会ってね!




[PR]
by wasabimz | 2006-02-14 22:03 | アフリカ・ケニア