45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

カテゴリ:NZ( 11 )

オークランド


Published by デジブック
[PR]
by wasabimz | 2017-08-03 17:29 | NZ

NZ ⑩ オークランド フェリーでデボンポートへ


午後 フェリーに乗って、対岸のデボンポートへ
チケットは往復で大人 NZ$12 (約970円)

b0065418_14441527.jpg
b0065418_14450757.jpg
b0065418_14562934.jpg
わずか15分足らずの船旅で着いたそこには緑豊かな落ち着いた街並みが広がり、
のんびりできる半島です(島ではありません)

b0065418_14454520.jpg

ビクトリア山 Mt. Victoria。標高は87m
ビクトリア山頂からはオークランドを一望できました。
このベンチでのんびり、芝生も気持ちがいい~~♪
b0065418_14463175.jpg
b0065418_14464845.jpg
ここは、別荘地のようです。
緑の中に瀟洒な建物が沢山
b0065418_14471801.jpg
b0065418_14475596.jpg
b0065418_14460633.jpg
午後のんびりと時間を過ごし、夕方オークランドへ戻りました。
深夜のフライトまでは、まだまだ時間がたっぷり。。。
少々疲れて来ました。

ビクトリアStのお土産屋さんでショッピング
夕飯は、今日も昨日と同じ、ベルギーレストランへ
時間的にも凄く混んでいて、外まで順番を待つ人が並んでいた。
どうしよう? とても座れないね?
ちょっと中を覗いて見た。
そしたら、昨日のボーイさんが見え、にこっと笑って来てくれた。
「美味しかったのでまた来ました!」
そうしたら、手招きして「こっち!こっち!」
と、なんと、よその人のリザーブ席を私たちに空けてくれた。
b0065418_15165267.jpg
今日は、昨日と違った「焼ムール貝」
ガーリック味で美味しかった~!
ワッフルも、こちらは、ベルギーのグランプラス広場のレストランで食べたのは大違い。
ああ~~またベルギーで本場のワッフルが食べたいなあ~!

b0065418_15161777.jpg
b0065418_15140484.jpg
お腹もいっぱいになり、早めににホテルに戻りソファーで休憩
10時に乗り合いタクシーに乗り、空港へ
スカイタワーで出会ったNZ家族
b0065418_15172922.jpg
b0065418_15175400.jpg
成田空港着 8:30
楽しかった旅も終わりました。
次はどこへ行けるかな?

[PR]
by wasabimz | 2017-08-03 15:37 | NZ

NZ ⑨ オークランド フッシュ・マーケット

3月22日(水)
朝食をゆっくり食べ、10時にチェックアウト
帰りの乗り合いタクシーの予約をして、
スーツケースを預け、
さあ! 身軽になって10時から夜の10時までオークランド散策だ!
帰りの飛行機、早朝の便をあるのだけど、一泊浮かそうと思い、深夜1時の便にした。
さあ、これか大変!
10時から10時まで12時間、外に居るというのは、思いのほかくたびれた~。
ホテルのベッドの有り難さをしみじみと感じた一日でした。

さあ、朝のルンルンなうちにフィッシュ・マーケットへ
b0065418_06290752.jpg
ヴァイアダクト・ハーバー
b0065418_06261554.jpg

スカイタワーの展望室の上をご覧下さい。
オレンジの服を着ている人がいますでしょう。
これは、安全用にハーネスを装備して、展望室の上を歩くツアーです。
ここからバンジーするツアーもあるのですよ。
何でもアウトスポーツ(楽しみ)にしてしまうNZ魂には驚きです!!
b0065418_06185406.jpg
ウィンヤード・クォーターは
ヴァイアダクト・ハーバーの西側に広がる新しいウォーターフロント商業エリア
イベントセンターやオークランド有数の魚市場オークランド・フィッシュ・マーケットのほか、
倉庫風の建物の中にスタイリッシュなレストランやバーが並び、おしゃれなオークランダーたちに人気。
週末には数々のイベントも行われるそうです。

b0065418_13475975.jpg
b0065418_13473894.jpg
大きな移動式の縁台が置かれてたので、この上でひと休み
b0065418_06300459.jpg
こちらは、コンテナ図書室
b0065418_06213832.jpg
フィッシュ・マーケット
マーケットと言っても魚河岸というわけではなく、魚屋です。
大量の氷の中に魚を丸ごと並べるのがこちら風
b0065418_06302544.jpg
ほぼ丸ごと1尾売り、日本のスーパーのように切り身になってパックになっているのはスモークサーモンぐらいなもの。
基本は量り売りで、おろしてもらうか、ワタだけ抜いてもらうか、鱗だけ取ってもらいそのままお持ち帰り。
b0065418_06313555.jpg
b0065418_13242133.jpg

ムール貝も2種類あって、グリーンは値段もいろいろ

b0065418_06320007.jpg
レストランでフッシュ&チップスとビールを頼んで
マーケットで買ったサーモンの刺身をいただきます。
美味しい!!

b0065418_06331719.jpg


[PR]
by wasabimz | 2017-08-03 14:16 | NZ

NZ ⑧  クライストチャーチ



3月21日(火)
9:30ホテルをチェックアウトして車で旧市街へ
旧市街はどこもかしこも2011年の大地震の復興工事中で、
車を停めるところを探すのに一苦労
やっと見つけた駐車スペースは大聖堂近くの路上、60分無料の表示が、とりあえずそこに駐車。

円錐をひっくり返したような形のモニュメントは、チェリス(聖杯)を象ったもの。
クライストチャーチがあるカンタベリー州の150周年を記念して、2001年に建てられたものだそうです。
b0065418_17593291.jpg

日本人留学生が大勢犠牲になった大聖堂跡
彼らのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
b0065418_781920.jpg

b0065418_1801792.jpg

大地震前の大聖堂周辺は、こんなんだったんだ。
b0065418_182177.jpg

街はあちこち工事中
b0065418_1824251.jpg

b0065418_1871925.jpg

公園の樹木は地震前のままなんでしょうね。
b0065418_1862345.jpg

真っ赤な可愛い電話ボックス
b0065418_184134.jpg

カンタベリー博物館(入場料無料)
b0065418_1882550.jpg

キュウイーの剥製
b0065418_1895746.jpg

雨のためゆっくり鑑賞、見ごたえがありました。
最上階のティールームでお茶して、さあ! 次は植物園へ。

動画をどうぞ


ローズガーデン、春ほどでは無いが、秋バラが咲いています。
b0065418_18125690.jpg

ダリアは、綺麗でした!
b0065418_18142897.jpg

公園近くの住宅地。震災に耐えたいくつかの可愛い木造住宅。
カメラを向けたら、2階の窓から手を振ってくれた。
b0065418_1815534.jpg

クライストチャーチを縫うように流れるエイボン川には、38の橋が架けられています。
その中で最も知られているのが、大きなアーチ型の門を持つ「追憶の橋」。
第1次世界大戦当時、兵士たちがこの場所にあった橋を渡って駅まで行進し、
戦場へ旅だったことから、戦死した兵士たちを追悼して、
現在の立派な橋が造られたのだそうです。
b0065418_18205417.jpg

b0065418_18182319.jpg

橋を渡ると、トレーラーハウスのショッピング街がありました。
コーヒーショップもトレーラーハウス
b0065418_18232899.jpg


カードボード・カセドラルは、2013年8月にオープンした仮設大聖堂です。
2011年の地震でクライストチャーチのシンボルだった大聖堂の一部が損傷し、
修復が不可能になったため、再建設されるまでの期間、使用するために建てられました。
カードボード・カセドラルはその名の通り、特殊加工された紙を建築資材としています。
教会自体はもちろん、内部にある祭壇もすべて紙管で作られました。
紙とはいえ特別な加工が施されているため、50年間も使えるほど耐久性に優れています。
美しいステンドグラスを持つAフレームのおしゃれな大聖堂で、
設計は日本人建築家の坂茂氏が担当しました。(ネットより拝借)
b0065418_18282586.jpg
b0065418_18284565.jpg

14:00 雨の中をあちこち歩いて旧市街観光4時間
車を停めた中心地に戻ります。
b0065418_18342748.jpg

車は雨のため、他の駐車場を探すのも面倒でそのまま、
きっと駐車違反切符が貼られているだろうな?
予想的中、案の定違反切符は貼られていました。
どう支払ったらよいか分からないので、帰国してからその旨を現地旅行会社に伝えると、
レンタカーを借りる時に、「違反したらクレジットで課金します」との文言があるので心配いらないと。
ちなみに違反金はNZ40ドルでした。

レンタカーを空港で返却して、16:00発のフライトで無事オークランドへ。
返却はいとも簡単で、空港のレンタカーレーンを表示通り走って行って、
レンタカー会社のマークのあるところに停めて、係りの人にキーを返すだけ。
車の状態などのチャックは無し。
人がいない時は、キーを入れるボックスがあって、そこへポイと返して終わり。
空港の駐車代金はしっかり前払いで取られている。
クライストチャーチは、市内があのようなので、レンタカー会社が市内には無く空港のみ。
日本のレンタカーシステムの便利さを改めていいなあと思った。

17:20 オークランド着
相乗りのタクシーで市内へ。
オークランドのランドマーク、スカイタワーのあるスカイシティホテルに宿泊。
1月にネットで予約。なんと高層階のスィートルームが返金不可の最低価格で36000円。
ダブルベッドが2つあるので4人で十分でした。
次の日、空港であった日本人青年によると、眺めもあまりよくないツインルームで1人20000円だったと悔しがっていた(笑)
やっぱり、ホテルは早いうちに自分で予約するのが一番です。
b0065418_6522334.jpg
b0065418_18561563.jpg
b0065418_18562673.jpg

コーヒーメーカーまであるのには感激
b0065418_18551655.jpg

窓からの景色です。
b0065418_8163256.jpg

b0065418_653276.jpg

ひと休みして、夜の街へ
オークランドの最もにぎやかな通り、クィーンズSTまで歩いて数分。
とても立地の良い場所です。
ガイドブックで見つけたベルギー料理のレストランで夕食。
店内はすごく混んでいたが、運よく座れた。
b0065418_1951878.jpg
b0065418_1954066.jpg

ベルギービールいろいろ
b0065418_1941396.jpg

ムール貝(蒸し) プリプリの大きな身で美味しかった~!
b0065418_1945324.jpg

お腹もいっぱいになって、ほろ酔い気分でホテルへ帰る。
帰りに近くのスーパーでお土産のクッキータイムを沢山、
それと明日の朝食用のパンと果物を買う。
動画ですいよいよ明日は最終日。オークランド観光です。 つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-05-17 19:19 | NZ

NZ ⑦ ケアポイントトラック・テカポ湖



3月20日(月)
8:00 シャレーから歩いてホテルへ、朝食を食べに。
日本食初めお粥などいろいろあって、朝から満腹。
b0065418_21304626.jpg

エベレスト初登頂ニュージーランド出身の登山家エドモンド・ヒラリー卿の像
b0065418_22115584.jpg
 
ホテル前で記念写真
b0065418_21322776.jpg

シャレーに戻り
b0065418_21334927.jpg

9:30 チェックアウトをしてアオラキ3番目のハイキング、ケアポイントトラックへ
キャンプ場から往復約1時間の楽チンコースです。
b0065418_21405055.jpg

b0065418_21412261.jpg

可愛いお花も咲いてます
b0065418_21422912.jpg

b0065418_2261018.jpg

展望台が見えて着ました。
b0065418_21564241.jpg

強風の中のジキタリスとマウント・セフトン
b0065418_21575167.jpg

ミューラー氷河湖 今日は上から眺めます。黒い壁は、氷河の運んで来た堆積物です。
b0065418_21431963.jpg

ドイツとイギリスから来た素敵なお嬢さんたち
b0065418_2150294.jpg

強風の展望台で記念写真
b0065418_21504646.jpg

韓国から来たグループさんと。
韓国ドラマの好きなパパさんに通訳してもらおうと思ったのに、さっぱりダメ(笑)
こんにちは→アンニョンハセヨ これは誰でも知っている。
さようなら→アンニョンカセヨ(あんよ貸せよ)1つ覚えました(笑)
b0065418_21554924.jpg

次に逢ったのは、ミルフォードナイトクルーズで一緒だった中国のグループさん。
この方たちとは、この後テカポ湖のレストランでも再会し、「また逢ったね」とすっかり仲良しに、個人的にお話をすると皆さんとても友好的。もっと早くに話しかければよかったなあ。
b0065418_220254.jpg

10:40 1時間コースを2時間以上かけて、これでも強風のため早めに切り上げたのですが。

動画をどうぞ 強風のため雑音大



11:15 プカキ湖 マウントクックともさようなら
b0065418_22223818.jpg

12:15 テカポ湖到着
b0065418_22234630.jpg

湖畔の牧羊犬と
b0065418_22243911.jpg

有名な善き羊飼いの教会
b0065418_22253739.jpg

十字架越の窓からの景色が素晴らしい
b0065418_2226383.jpg

テカポ湖
b0065418_22283345.jpg

記念写真も撮らないと
b0065418_22275218.jpg

でも、ここはわたし的には、世界3大がっかりの1つです(笑)
ここに来るまでは、この教会は、なあにも無い平原の丘の上の唯一の建物だとずっと思っていたのに、
振り返ると、そこは今までで一番の俗化された観光地だったのですもの。
証拠写真を載せちゃいます。
本当は皆さんの期待を裏切りたくなかったのですが、夢を壊してごめんなさい。
さすがに、不特定多数の皆さんが見るユーチューブ(動画)にはアップできませんでした(笑)
b0065418_2233081.jpg

b0065418_2236407.jpg




13:00 旅行会社おススメの湖畔レストランのサーモン丼でランチ
これは美味しかった~!! 日本人経営のレストランなので、味は全く日本で食べるのと同じ。
いやそれ以上です。下のご飯の中にも小さく切った鮭が混じってます。
鮭がもの凄く美味しくNZで食べた物の中で1番です。20ドル(約1700円)値段的にも大満足
サーモンがこんなに美味しいものとは。
b0065418_224246100.jpg
b0065418_22425964.jpg

お腹もいっぱいになったので、一路クライストチャーチを目指します。

15:00 途中、口直しにホーキーポーキーアイスクリーム休憩
b0065418_2257067.jpg

シングルで頼んだはずが、なんと2段になって来ました。
シングル3.8$ 私の思ったシングルはここではキッズでした(笑)
おかげで1個を2人で十分堪能しました。ホーキーポーキーアイス美味しいですよ!
b0065418_2311466.jpg

16:30 サーモンで有名なラカイア通過
b0065418_2353437.jpg


今日のドライブコースです。走行距離350km



18:00 無事クライストチャーチに到着
ホテルは、まるで復興住宅のよう【復興ホテルアシュレー】です(笑)
b0065418_2385459.jpg

b0065418_2393897.jpg

ここも電子レンジ、冷蔵庫、湯沸かし器完備
b0065418_23155332.jpg

夕飯と明日の朝食の買出しでスーパーへ
モールの中にある大きなスーパー。日本食品もたくさんありましたが、凄く高い!
b0065418_2312106.jpg
b0065418_23122262.jpg

さあ、夕飯の準備だ!
ここでまたまたハプニング、
TV、電子レンジ、冷蔵庫の側のコンセントがnot work
それも背中合わせの私たちの部屋だけのよう。
フロントに話しに行くと、すぐ来てくれたが、しばらくして「今日は修理ができないので明日になります」と電話有り。私たちは明日は帰るのですよ。幸いに、洗面所のコンセントは使える。
それなら、延長コードを借りてくればいいと、再度フロントへ。
「そういうものは無いのです。sorry!」万事休す
仕方が無いので、湯沸かし器を洗面所まで持って行き沸かす。
暖かいローストチキンなどを買って来たので電子レンジは必要無し。
TVも観なくて大丈夫。
おかげで、飲んで食べて、明日に備えて早めに就寝。
明日は、いよいよクライストチャーチ観光です。
[PR]
by wasabimz | 2017-04-11 23:36 | NZ

NZ ⑥ アオラキ/マウントクック国立公園



3月19日(日)
今日は一日トレッキング
アオラキ/マウントクック国立公園
国立公園内には、氷河と氷河湖のほか、ニュージーランド最高峰のアオラキ/マウントクック(標高3724m)が聳え、3000m級の秀峰は23を数えます。アオラキはマオリ語で、「雲を突き抜ける山」という意味。

9:30 まず最初は、一番人気のフッカーバレーへ
あいにくの曇り空
b0065418_1432248.jpg

晴れることを信じて、キャンプ場から歩き始める。
b0065418_1433262.jpg



9:53 第1の吊り橋
b0065418_1433329.jpg

10:00 晴れてきました。マウント・セフトンが見えます。
b0065418_14372036.jpg

マウント・デージー
b0065418_14403674.jpg

NZのリンドウもあちこちに咲いてます。
b0065418_1441572.jpg

ビューポイントまであと5分
b0065418_14465556.jpg

11:15 目的地の氷河湖に到着
b0065418_14433111.jpg

大きな氷の塊が浮かんでいます。
b0065418_14441268.jpg

途中、ロス在住の江口さんご夫妻と仲良くなって、一緒に歩き、楽しいトレッキングになりました。
b0065418_14443257.jpg

このビューポイントで40分ほど休憩おやつタイム 
↓の画像を「世界遺産めぐりのお供にはぜひ柿の種を!」と
旅行記にアップしますから、スポンサーになって下さいとメーカーに送ろうかな(笑)
b0065418_14522822.jpg

氷河が目の前に
b0065418_1459556.jpg

マウント・セフトンの懸垂氷河です
b0065418_1503326.jpg

吊り橋は全部で3つ渡ります
b0065418_1512367.jpg

途中、河原のそばにトイレがありました
b0065418_1532977.jpg

水はとても冷たく5秒と入れていられません
b0065418_1572821.jpg

ミューラー氷河湖
b0065418_15812.jpg

キャンプ場に戻りました
b0065418_1581651.jpg

ビレッジに戻り、ランチです
b0065418_1583251.jpg

江口夫妻とビレッジのビジターセンター横のOld Mountaineers' Cafeで合流
ピザ&バーガーでランチ、
水を注文したら、冷蔵庫を指差し、そこにある水差しを自由に持って行けと、
ニュージーランドは嬉しいことに、水は無料です。

14:30 クィーンズタウンへ向かう江口夫妻とお別れして、私たちは今晩泊まるシャレーのチェックインを、
ハーミテージホテル内でなく、少し下ったマウントクックロッジでした。
無事シャレーの鍵をもらって、また上へ上がる。
シャレーはホテルの側
上からホテル、Old Mountaineers' Cafe、シャレー
b0065418_1814334.jpg

b0065418_18164783.jpg

外見は、全くキャンプ場のバンガロウのよう・・・
b0065418_1817794.jpg
b0065418_18173910.jpg

でも中は、さすがホテルの経営だけあって充実、快適です。
b0065418_18185100.jpg
b0065418_18194958.jpg


ひと休みしたら、今日2度目のトレッキング、タスマンバレーへ
南半球で南極以外の場所では最大となるタスマン氷河
b0065418_18283268.jpg

マウントクックもここから見ると、形を変えて、左上の双耳峰の山
b0065418_18284894.jpg

午前中に歩いたフッカーバレーから比べると、ここは訪れる人が本当に少なく、景色も・・・
やっぱり、フッカーバレーの方が人気なのが分かる。
ブルーレイクという名だけど、実際はグリーンレイク^^;
b0065418_1841154.jpg

b0065418_18412678.jpg

夕陽に染まる周辺の山
b0065418_18414356.jpg

シャレー前からのマウントクック
b0065418_1842114.jpg

夕焼けを追っかけて、プカキ湖までドライブ
動画でどうぞ


帰りに、マウントクックロッジのレストランに寄って、夕食用にフッシュ&チップスをテイクアウト
レストラン凄く混んでいてまごまごしていたら、ワーキングホリディーで働いていた若い日本人女性にお世話になり助かった。ハーミテージホテルにも数人の日本人スタッフがいてとても安心して滞在できました。

星空を眺めて、明日に備えて、早めに就寝。おやすみなさい。。。
[PR]
by wasabimz | 2017-04-06 15:22 | NZ

NZ ⑤ クレイクリフ

オマラマで給油&ランチ休憩の後、次の目的地「クレイクリフClay Cliff」へ
オマラマの北約5kmの地点の小さな看板を左折、未舗装の道路を含め片道10km程の道のり
途中ゲートが有り、入場料と思われる5$を料金箱に入れて、ゲートを開けて入る。
ここは私有地です。
お目当てのClay Cliffはなかなか現れてこない。
周りは、野バラ(Dog Rose)の群生。咲いている時期は、凄いだろうなあ?
b0065418_1551975.jpg

こんな道をマウンテンバイクで走ってる!!
埃を巻き上げないように、ソロソロと・・・
b0065418_1448208.jpg

14:50 本当に辿り着けるのか少々不安になったが、カーブを曲がったら、突然、今までとは全く異なる光景が現れた。鋭く尖った粘土質の絶壁が連なる奇岩峰、ここだけに・・・不思議です。
b0065418_14525172.jpg

早速歩いて探検ですが、足元が滑りやすく、とっても怖い。
それでも、恐る恐る奥へ進む。
b0065418_14541160.jpg
b0065418_14575886.jpg

ワンちゃんも頑張って登って来ました。
b0065418_14584998.jpg


Clay Cliffを、もっと動画で感じてね。


野バラとルピナスが咲いていてくれました。
今度は12月の最盛期にもう一度来たいなあ~!
b0065418_1574823.jpg
b0065418_15825.jpg

こういう処は、レンタカーでないと来れない。来て良かった!
またまた羊さん、給水装置が巨大で~す!
b0065418_15113112.jpg

16:30 プカキ湖
b0065418_15153870.jpg

b0065418_15181926.jpg

マウントクックがだんだん大きくなってくる。
b0065418_1523244.jpg

17:30 アオラキ・マウントクック。ハーミテジホテルに到着。
本日の走行距離270km
b0065418_1527225.jpg

部屋は、マウントクックビュー
お天気も最高!
b0065418_15274430.jpg

b0065418_2249391.jpg

b0065418_1528157.jpg

夕陽に染まるマウントクック
b0065418_15331250.jpg

20:00 ディナーバイキング 65$
お寿司、美味しいおいなりさんまであってびっくり!
b0065418_15365377.jpg

ビーフとラムのロースト
b0065418_1541599.jpg

b0065418_15425042.jpg
b0065418_1543218.jpg
b0065418_15433937.jpg
b0065418_15491359.jpg
b0065418_1545095.jpg

美味しいNZワインと美味しい料理でお腹もいっぱい。
星空を眺めて、雲が出て来て満天とは言えなかったけど、綺麗でした。
明日に備えて早めに就寝。
おやすみなさい。。。
[PR]
by wasabimz | 2017-04-04 15:54 | NZ

NZ ④ アロータウン~オマラマ



18日(土)
08:30 ホテルをチェックアウトして、アロータウンへ
09:00 アロータウンは、クイーンズタウンの北東約21kmに位置する町
1862年に金が発見され、ゴールドラッシュで栄えた歴史を持ち、現在も石畳のメイン通りバッキンガム・ストリート沿いに当時の面影を残す建築物が並んでいます。
黄葉の名所としても有名で、毎年4月下旬には黄金色に彩られる町を舞台にアロータウン・オータム・フェスティバルが開催されます。
このお祭りではゴールドラッシュ時代の服装に身を包んだパフォーマーたちによるコンサートやパレードが見られます。あと一ヶ月後は、町はゴールデン色に染まって素敵だろうなあ~。
朝一なので人が少なく静かです。1時間ほど散策してたら、だんだんツアー客が増えて来ました。
b0065418_20521199.jpg

b0065418_20391585.jpg
b0065418_20393137.jpg

b0065418_20395773.jpg
b0065418_20401464.jpg
b0065418_20402716.jpg


10:00 カワラウ・ブリッジ(43m) バンジージャンプ発祥の地
b0065418_20495088.jpg

観ている間に、ペア1組と女性が1人飛び込みました。
b0065418_2050548.jpg

こちらは、ワイヤーにぶら下がっているので、わたしでもできそうだな~(^^;)
b0065418_20501739.jpg


国道8号線は、ギブストンバレーのぶどう畑からクロムウェルのフルーツに変わる。
ニュージーランドは秋の初め、フルーツの最盛期

12:00 フルーツ直売所に寄って、りんごとプラム(ヤミー)を買う。
プラムとあんずのかけ合わせた「ヤミー」がすごく美味しかった~♪
りんごは日本のゴールデンデリシャスとニュージーランド産(名前は忘れた)
いろいろ味見ができるので良いおやつになりました(^^;)
b0065418_2140388.jpg

一袋約600円、日本のと比べると小粒だけど、安いでしょう!
b0065418_21414257.jpg

プラムは約1200円
b0065418_21442957.jpg

景色はフルーツ畑から羊さんに
b0065418_2152588.jpg

「おーい!」と呼ぶと、皆こっちを見て、可愛いです!
b0065418_21531125.jpg

NZで一番標高の高い国道リンデス峠を越えて、一路次の町らしい町オマラマへ
b0065418_2151677.jpg

b0065418_2223158.jpg

13:30 オマラマ到着
やっとここでガソリンスタンド発見、クィーンズタウンからここまでありませんでした。
セルフで給油して店の中で番号を言ってカードで支払う。
ガソリンは日本より高く、レギラー(緑ノズル91)で2,03$
b0065418_9242117.jpg

レジのお兄さん
b0065418_22121162.jpg

隣りのカフェでピザ、ミートパイ、フッシュフライ、コーヒーでランチタイム
大きな白身魚のフライが熱々で美味しく、この後、フッシュ&チップスにはまりました(笑)
b0065418_22134053.jpg
b0065418_22135428.jpg


アロータウンからアオラキマウントクックまでの動画です。



午後 クレイ・クリフへ つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-03-29 22:22 | NZ

NZ ③ ミルフォードサウンド・クルーズ

16:20 オーバーナイトクルーズ船ワンダラー号に乗船 一泊2日($385)
画像は、同じツアー会社のもう一艘のマリーナ号(ネットから拝借)
b0065418_118545.jpg

船室はダブルorツイン
b0065418_119277.jpg

乗船してクルー紹介後すぐに軽い食事 パン&カレースープ
b0065418_11194785.jpg

17:00 静かな入り江に停泊、小船に乗り換え、ミルフォードトラックの最終ポイントサンドフライへ移動、
有名なミルフォードトラックを逆コースで2時間ほど散策、憧れの散歩コースをちょっぴりでも体験できて嬉しい~♪
b0065418_11285490.jpg

動画でどうぞ


散策中に出会った鳥は、キ-ウィに似ているニュージーランド固有種の飛べない鳥「ウェカ」と尾羽が扇のような「ファンティル」
珍しい鳥を間近に観れてラッキー!
人間がやってくるまで哺乳類がおらず、”鳥の楽園”だったニュージーランド。
長きにわたって天敵がいなかったおかげで多くの鳥たちは飛ぶことをやめ、あるいはほとんど飛ばなくなったそうな。

20:00 船に戻り、シャワーを浴びて休憩
21:20 夕食 たくさん歩いたので、ビールが美味しい!
b0065418_1130348.jpg

22:00 就寝

17日(金)
07:00 早朝まだ暗いうちに外洋タスマン海に向けて出航
b0065418_11393044.jpg

b0065418_11374826.jpg

サウンドとは入り江の意味。標高1000m以上の山が海に落ち込んでいる。
b0065418_11432434.jpg

岩の上にオットセイ
b0065418_11434670.jpg

大きな滝の側まで近づいて、船先にしぶきがかかり、迫力満点!
b0065418_11474397.jpg

早朝のフィヨルドは、ナイトクルーズ船の3隻だけで静かです。

動画でどうぞ


b0065418_1153394.jpg

09:00 下船 スタッフさんたちと一緒に記念写真
b0065418_1154688.jpg

ドイツから参加の女性と一緒に
クルーズではその他にもドイツ、スイス、中国、韓国の方たちとの楽しい出会いがありました。
b0065418_11585094.jpg

感動のクルーズの思い出を胸に、皆さんそれぞれ次の地へ
b0065418_1225261.jpg


09:50 ホーマートンネルを越えた広場で同じクルーズ船の皆さんに再会
残念ながら今日は曇っていて懸垂氷河は観えません(涙)
その代わりに、人懐っこい高山オームのケアがお出迎え
b0065418_1251664.jpg

b0065418_1272955.jpg
b0065418_1274597.jpg

韓国からひとり旅の彼女と一緒に
b0065418_128015.jpg

10:40 ミラー湖は、今日は少し風が・・・
b0065418_1212494.jpg

11:00 エグリントンバレーにも、今日はたっぷり時間があるので下車して
b0065418_12122121.jpg

11:20 テアナウダウンズで休憩 憧れのミルフォードトラックはここが出発地点
b0065418_12181287.jpg

12:00 テアナウ湖畔
b0065418_12183156.jpg

秋が始まっています
b0065418_12222680.jpg

14:20 途中ガストンで休憩 ランチタイム
b0065418_12275814.jpg
b0065418_1228127.jpg

15:30 クィーンズタウンに戻り、昨日と同じハートランドホテルへチェックイン
今日も同じファミリールーム、昨日の隣り部屋 
画像はネットから拝借、実際はソファーのところにベッドがもう一台と食事用のテーブルがある。
b0065418_12362210.jpg

今日は金曜日のせいか? 珍しく途中町の入り口モール付近から大渋滞、30分近くのロス、
町も車、車、人・人・・・・一昨日(水)とは大違い
ひと休みして、町を抜け出して北西へ約48kのワカティプ湖の北の端グレノーキーへ
b0065418_12294620.jpg

雪の被ったサザンアルプスを観ながら100kで走る、湖畔の素晴らしいワインディングロードをドライブ

動画でどうぞ


18:30 グレノーキー
ここはサザンアルプス登山の基地。山を越えればミルフォードサウンドにも近いのですが、ルートは無し。
b0065418_1374927.jpg
b0065418_13863.jpg


30分ほど散策して、同じ道をクィーズタウンへ戻り、夕食を食べに町のメインストリートへ、
今日は金曜日、ラグビーの試合があった後のようで、町は若者サポーターで溢れかえり、
スポーツバーは祝杯で大盛り上がり。
美味しいファーグバーグをもう一度食べたかったのだが、とてもとても・・・
ガイドブックに載っていた中華レストランで夕食。大好きな広東料理のお店でどれも皆美味しかった!
画像を撮るのを忘れて一心不乱に食べてしまいました(笑)
満腹のお腹を抱えて、帰りにスーパーに寄り、明日の朝のパンなどを買ってホテルに帰り、轟沈。
おやすみなさい。。。 つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-03-28 13:34 | NZ

NZ ② ミルフォードサウンドへ



3月16日(木)
08:30 ホテルチェックアウト後レンタカー会社バジェットで車を借りる。
09:00 クィーンズタウンを出発して、テ・アナウを経由してミルフォードサウンドへ(292km)
 

↓ 南島の緑の線が5日間で走ったコース(走行距離約1250k)
b0065418_14274480.gif


クィーンズタウンからミルフォードサウンドまでのドライブ 動画でどうぞ


11:30 テ・アナウの町中のスーパーで昼食用に温かいピザ、トマト、ミカンを買って、
眺めの良いテ・アナウ湖畔でランチタイム
b0065418_14423751.jpg


テ・アウナ湖の端 テ・アナウ・ダウンズで休憩
b0065418_14482731.jpg


エグリントンバレー を通過 甲子園球場の670倍の広さ
b0065418_14564823.jpg


ミラー湖 散策
b0065418_14435078.jpg
b0065418_1444473.jpg
b0065418_14442038.jpg


ホーマートンネル 1219m、18年間もかかり貫通
b0065418_155514.jpg


氷河が岩壁に引っかかっているように見え「ハンギンググレーシャー(懸垂氷河)」と呼ばれる
b0065418_14593676.jpg


ザ・チャムズ 散策
裂け目・割れ目をいう意味がある。15分ほどの原生林の遊歩道がある。
b0065418_159485.jpg

b0065418_1514333.jpg

b0065418_15154279.jpg


15:00 ミルフォードサウンドに到着
b0065418_15185724.jpg

b0065418_15173357.jpg


さあ! いよいよオーバーナイトクルーズに乗船です! つづく
[PR]
by wasabimz | 2017-03-27 15:24 | NZ