45歳で英語を習い、47歳で憧れのホームスティに挑戦!  これが、楽しくて~~止められません。


by wasabimz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

オークランド
at 2017-08-03 17:29
NZ ⑩ オークランド フェ..
at 2017-08-03 15:37
NZ ⑨ オークランド フッ..
at 2017-08-03 14:16
NZ ⑧  クライストチャーチ
at 2017-05-17 19:19
NZ ⑦ ケアポイントトラッ..
at 2017-04-11 23:36
NZ ⑥ アオラキ/マウント..
at 2017-04-06 15:22
NZ ⑤ クレイクリフ
at 2017-04-04 15:54
NZ ④ アロータウン~オマラマ
at 2017-03-29 22:22
NZ ③ ミルフォードサウン..
at 2017-03-28 13:34
NZ ② ミルフォードサウンドへ
at 2017-03-27 15:24

カテゴリ

全体
NZ
スイス
シンガポール・ジャワ島
アフリカ・ケニア
スペイン
パリ
オランダ
ベルギー
アフリカ・ウガンダ
UAE・ドバイ
オーストラリア
カナダ
クロアチア
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 10月
2014年 07月
2012年 07月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

その他のジャンル

画像一覧

カテゴリ:オーストラリア( 7 )

S.A.7 BBQ&教育事情

b0065418_13513080.jpg

いつものように、午前中は英語のレッスン
今日のお昼は、広~い牧場で、BBQです。
ここの牧場のご主人は、多才な人で、牧童でもあり、地質学者でもあり、何と日曜日には教会で説教をする牧師でもあります。アンモナイトなどの珍しい化石も沢山見せて頂きました。

BBQでは、ここでしか食べられないカンガルーの肉やエミューの肉もあって、
どちらの肉も思いのほか美味しかったです~!
カンガルーの肉は、まるで鶏肉のような感じでちょっとパサパサしていたかな・・・?

b0065418_1413088.jpg

どこまでも続く、とても広い牧場です。
牛と羊が沢山いました。牛はオージービーフになって、日本に来るかもね?
BBQの後は、木に登ったり、ブランコをしたり、馬に乗ったり・・・と広い大地を駆け回りました。
ここは、なぜか空までも、いつもの空より大きく感じます~~

b0065418_14115821.jpg

彼の名前は、何と日本車の好きなお父さまの命名で「カタナ」と言います。
何でも、スズキのバイクに「刀」と言う名前があるそうな・・・びっくりしました。
子どもながらも腰にナイフをぶら下げていて、カッコイイ!!さすが、刀クン~!
こんな時から、男の子は、しっかり男として教育されているのですね。
足元だって、牧童は、仕事のできる長靴です。
牧師であり牧童である彼のお父さま手作りの楽しい遊具が、あちこちにいろいろありました。
私も、この長い綱にぶら下り、「アア~ア~~!」とターザンにでもなったよう・・・楽しかったなあ!

ここの子どもたちは、公立の学校へは行かないで、小学校の間は、すべてお父さん、お母さんから学んでいます。中学校からは、みんなと一緒の学校へ通います。オーストラリアでは、こういう形の家庭での義務教育が、国から認められていて、今回のホストファミリーの中にも何軒かこういう家庭がありました。
「どうして、学校へ行かせないの?」
「私たちの思いにかなう学校が近くに無いのです。今、探しています。」
親の考えが、しっかりしていますね。何でもいいのでは無いのです。
国もしっかりサポートしていて、きちんとしたルールがあり、各家庭でのしっかりしたカリキュラムがあってはじめて家庭での義務教育が認められるそうです。
[PR]
by wasabimz | 2005-04-27 15:10 | オーストラリア

S.A.6 グレンダイル小学校訪問

b0065418_1895468.jpg

今日は、小学校訪問の日です。
日本の遊び、料理、すもう、習字などを教えて、子どもたちと交流しました。
これは、折り紙を教えているところです。
ここの小学校では、5年生から日本語を学んでいます。
「コンニチハ!」「ワタシノナマエハ○○デス」と好奇心いっぱいの元気な子どもたちが群がって来ます。私たちは、幾つかのグループに分かれて、子どもたちと交わりました。
片言の日本語と英語で、楽しい時間を過ごしました。
この小学校へは、3年後に一人で訪れた時も、また訪問させて頂きました。
その時のようすは、また後で。

b0065418_18191491.jpg

私は、6年生のクラスで習字を教えました。
ホームステイ先の近所のクリストファーは、私の一番のお気に入りです。
彼は、クラス一のおりこうさんでご覧のとおりのハンサムボーイ!
この1ヶ月後には、岡山県の中学校へ交換留学生として行って、1年間、日本で学びます。

b0065418_21212728.jpg

3年後、再会したクリストファーは、日本語も上手で大人っぽく成長していました。
私のことを覚えてくれていてありがとう。
後で、お母さんに聞いた話で、あの時に書いたお習字を大事に大事に保管していて、
「いつも、貴方のことを話していましたよ。」と聞いて、嬉しいです~♪
牧師家庭の素敵な彼の家は、スティ日記の最初に紹介してあります。

b0065418_18301569.jpg

この子は、人懐っこい性格で、オーシャンと言います。
上手に書けたお習字を持って満面の笑み、グレート!
今にも駆け出しそうな素晴らしい馬になりました。
[PR]
by wasabimz | 2005-04-19 18:19 | オーストラリア

S.A.5 自然動物園

今回のホームスティも、午前中は公民館みたいな処で英会話とオーストラリアの自然&歴史の勉強があり、午後は毎日、いろいろなアクティビティーがあります。
英会話の学習はとても楽しいものでした。こんな授業なら勉強も楽しいなあ~!

たとえば、こんなふうに・・・
若いカップルが結婚して家を借りることになりました。電化製品も必要です。
そこで、私たちに課題がでます。どこでどんな物件、製品があるかリサーチしてくるように。
スティしていた町、ビクターハーバーはとても小さな町なので、みんなとても親切です。
何て言ったって、日本人なんて私たち18人だけですから。どこへ行っても声をかけてくれます。
もちろん、リサーチに行くお店の方には、私たちが行くことを話して協力を依頼してありますので安心です。私は、電気屋さんへ行きました。テレビ、ビデオ・・・その他の電化製品を、ナショナルなら○○$、サムソンなら○○$と、しっかりリサーチして報告をしました。
スーパーで野菜や果物の値段をリサーチして来るグループも、ワイワイみんなでお店に出かけ、楽しい生きた英語の学習はとても楽しかったです。

b0065418_17283067.jpg

今日は、近くの自然動物園へ遊びに来ました。
カンガルー、ワラビー、コアラ、エミュー、ウォムバット、ペリカン、クロコダイル・・・と、
珍しい動物が沢山いて、もう興奮状態です~~!
カンガルーの餌が売っていたので、みんなで早速、餌やりをしました。
驚くことに、彼らも慣れていて、こっちが与える前に寄って来ます。
袋の中に手まで入れてきたり、「ちょうだい!ちょうだい!」と私なんか、ネックレスをもぎ取られてしまいました。

b0065418_17525234.jpg

親子のカンガルーです。
ちゃんとお母さんの袋の中にいて、顔だけ出していました。可愛い~♪
カンガルーは、親指くらいの赤ちゃんから大きくなるまで、このお腹の袋の中で育てるとか。
一匹のお母さんカンガルーの袋の中を覗いて見ました。
いました!いました!確かに親指くらいの小さい赤ちゃんカンガルーが・・・
袋の中におっぱいがあるんでしょうね?
何だかとっても不思議な感じがします。

b0065418_17584656.jpg

飛べない鳥のエミューです。エミューとだちょうとは大きさが違うようですね。
この肉は、食べましたけどまあまあ・・・七面鳥の方が美味しかったです。
b0065418_18372829.jpg

この鳥の目は、とても鋭いけど、可愛いんです!
こんな顔して、どこまでも私たちに連いて来るんです。気に入られても困るんだけど・・・

b0065418_1852565.jpg

ウォムバットです。重かった!!

b0065418_18381213.jpg

お待たせしました。コアラちゃんです~~!
フワフワでまさにぬいぐるみのようです~♪
お鼻は固いと思っていましたが、とっても柔らかいのですよ。
この写真は、2回目の家族でスティした時のものです。
こっちの方が可愛らしかったので。
[PR]
by wasabimz | 2005-04-15 18:13 | オーストラリア

S.A.4 夢のようなベッドルーム

b0065418_20242773.jpg

今日は、夢のような素敵なベッドルームを紹介します。
まず最初は、カール&ティナの部屋です。
ゴージャスなお花や小物、ベッドの上のピロケースや素敵な帽子もみんなティナの作品です~♪
毎日こんな素敵な部屋で眠れたら、素敵な夢が見られるでしょうね。
いつも整えられ綺麗になっていたのには、驚きました~~。
毎日の生活を楽しみ大切にする姿に感動し、こうありたいと思いましたが、なかなかこうはいきませんね(^^・、) 部屋の隣には、専用のバスルームがついております。

b0065418_20305174.jpg

ダブルベッドのゲストルームです。
2度目に家族で訪ねた時は、私たちはこちらに泊めて頂きました。
どの部屋にもそれぞれに、優しい絵が飾ってあり、ここの絵は、ロマンチックなお花の絵でした。
ふりふりのハート型のピロケースも、みんなティナのお手製です。

b0065418_20355735.jpg

シングルベッドのゲストルームです。
この部屋は湖側にあるので、朝晩の景色が素晴らしいです!
今回は、この部屋で15日間の夢のようなスティをさせて頂きました。
この部屋の絵は、可愛い猫ちゃんの絵でした。
どの部屋も、カーテンの掛け方が素敵です。

b0065418_20393495.jpg

私に用意された可愛いドレッサーです。
テッシュケースも小物入れも、どれもみんな可愛い~可愛いもので感激です~♪♪
洋服タンスとチェストも用意されていて、すべてに優しい心遣いが感じられて感謝です。

b0065418_20435733.jpg

このバスルームも、私専用です。
大きなバスタブとシャワールームがあり、もちろん、私はバスタブを使用させて頂きました。
でも、ちょっと困ったことがありました。
バスタブの中で、洗う習慣のない私には、髪や体を洗う時に、シャワールームと、
バスタブを行ったり来たりするのは、寒い時期だったのでちょっと辛かった~。
雨の少ない水の貴重な国なので、並々にお湯を張るのは、やはり気が引けます。
膝くらい高さのお湯の中に、ほぼ寝るスタイルで温まりました。
日本のお風呂が恋しい~~この時ほど日本スタイルが一番だと思ったことはありません。
向うの人は、バスタブは、浸かるだけ・・・リラックスタイムの時に、使用するとのこと。
毎日のバスタイムは、シャワーだけで済ませるようです。

b0065418_20532696.jpg

トイレも専用、余りに可愛らしかったので、つい写真を撮ってしまいました。
パラソルのディスプレィが、とってもとっても可愛いです~♪
[PR]
by wasabimz | 2005-04-08 21:18 | オーストラリア

S.A.3 リビング&ダイニングルーム

b0065418_12452946.jpg

居ながらにして、湖の見える素敵なリビング&ダイニングルームです。
ティナさんは、現在は専業主婦をしており彼女手作りの品々が沢山お部屋を飾ってありました。
右のカウンターの中が、キッチンです。

b0065418_12484426.jpg

これは、夕方です。
白く光っている所が湖です。
とっても癒される景色です~~!

b0065418_13352879.jpg

この庭には、カモメや鴨などが沢山やって来ます。
毎日、野菜やパンくずなどを餌としてをあげました。もちろん、湖の魚たちにもね。

b0065418_12562764.jpg

キッチンのカウンター越しに眺める庭の景色です。
夢のような世界でしょう~~♪

彼らは、アデレードに最初の家を持っており、この家は、私の訪ねる4年前に建てたそうです。
アデレードの家には、娘さんが住んでおり、2度訪ねました。
そちらの家も、緑に囲まれた素敵な家でした。
ちょうどプラムのシーズンだったので、美味しいプラムを沢山戴きました。

移住して40年(当時)、カールさんは若い時は、朝昼晩と3つの仕事を持っており、もちろん、ティナさんも働き、異国の地で何も無いところから二人で苦労して、ここまで築きあげるには、並大抵の苦労では無かったことでしょう。そんな苦労は、微塵も感じさせず、いつもニコニコ他人に気配りの心を忘れない姿には感動いたしました。
神様のマッチングとはいえ、今回も18名いた仲間の中で、一番素敵な家にスティさせて頂いた恵みには感謝いたします。
[PR]
by wasabimz | 2005-04-07 13:17 | オーストラリア

S.A.2 素敵なホストファミリー

b0065418_11321216.jpg

素敵なホストファミリーのカールさんとティナさんです。
二人は、今から50年前に、生まれ育ったスロベニアが内戦の為、二人だけでここオーストラリアに移住して来たとのこと。カール20歳、ティナ21歳の時だそうです。言葉も解らず知り合いもいない異国の地で、どんなに苦労をしたことか・・・
私の思うように英語の話せない心を気遣って「大丈夫だよ。私たちもそうだったよ。何でもいいからどんどん話してごらん。」と優しく~優しく~助けて下さいました。
自分たちが苦労している分、周りの人には、本当に優しく接して下さいます。
毎朝、彼らと一緒に聖書を開いて、御言葉を聴きお祈りをしてから朝食を戴きます。
とっても素敵なクリスチャンファミリーです。

彼らに接して、私はあることを思いつきました。
「そうだ。キリスト教を解ってもらうには、彼らに会わせるのが一番だ。」
そう思い4ヵ月後には、私は夫と息子を連れて、彼らの処に再度スティさせて頂きました。
何より大切なことは、これから結婚して家庭を持ち、夫と父親になる息子(当時23歳)に
「男はこうでなくちゃいけないよ!優しく逞しく・・・カールさんのようにあれ!」
百聞は一見にしかず、先ずは二人を連れて来よう、そう決心しました。
私の思い通りに、夫も息子もオーストラリアの彼らから大切なものを学んでくれたようで、
みごと計画は成功したようです。

b0065418_1154746.jpg

カールさんは、ギターがとっても上手です。
今日は日曜日、教会に行く前のひと時、お庭で弾き語りをおねだりしました。
私のために弾き語りで~♪ なんて幸せなことでしょう!

b0065418_11585763.jpg

カールさんの趣味は、魚釣りです。
私も何度か、仕事を終えてから行く釣り場について行きました。
今日は、沢山釣ってきたので、裁いて天婦羅に・・・刺身はとても食べられません。
この後も、さよならパーティでは、カールの釣った魚で天丼を作り、現地のみんなにごちそうをしました。写真は、私が手際よく、3枚におろすのに感心して「素晴らしい!マジックのようだ。私にも教えて!」と3枚おろしに挑戦しているところです。包丁が両刃なので難しかった~~!次に行った時は、「包丁一本、さらしに巻いて~♪」と愛用のやなぎ刃をスーツケースにしのばせて行きました。

b0065418_12102233.jpg

ティナさんと長女のイングリットさんです。
生まれて初めての着物を着て、嬉しそうにはしゃいでいました。
この後、この着物は、イングリットさんにプレゼントしました。
背の高い彼女が、ガウン代わりに着てくれたら嬉しいです。何より、私に会った思い出にしてくれたら・・・彼女は、車で2時間の処に住んでいて、この日は、どうしても私に会いたいとわざわざ時間を作り駆けつけて来て下さいました。すっかり打ち解け意気投合して、まるで姉妹のように~楽しい時間を過ごしました。

b0065418_12425717.jpg

カールとティナの孫ちゃんたちです。
彼らには、娘二人と息子一人がいます。
遠くに住んでいるので、残念ながらこの孫ちゃんたちには会えませんでしたが、可愛い写真を頂きました。
[PR]
by wasabimz | 2005-04-06 12:47 | オーストラリア

S.A.1 サウス・オーストラリア

今日からは、サウスオーストラリアでのホームスティ日記です。

シドニーから飛行機を乗り換えアデレードへ、そこから車で2時間のリゾート地ビクターハーバーへ。リタイアされた人が多く住んでいる、風光明媚な別荘地です。

カナダのステイが余りに、素晴らしかったので、次の年に、これ以上のホームスティは、もう無いだろう?とそんな心配しながら、オーストラリアに向かいました。
それが、なんとびっくり!!食べ物、景色を除いた何もかもは、カナダ以上のホームスティでした。
そういう訳で、ここへは3度訪ねています。まず、最初は私一人で、その次は家族3人で、そして3度目には、結婚式の招待で、また私一人で。
いつ行っても温かく迎えてくれて、素敵な親戚が一つ増えたよう~嬉しい♪

b0065418_23492673.jpg

スティ先、カール&ティナの家の道路に面した表側です。
カールさんは、配管工事屋さんなので、道具を積んだトラックが置いてあります。
二人の詳しいことは、あとでご紹介します。
今日は、近所を含め、スティしたロケーションを紹介します。

b0065418_072580.jpg

こちらは、カールさんの家の裏側です。中央の家です。
ここの住宅地は、全ての家のプライベートガーデンは、大きな湖に面しています。
湖では、海から水を引いて来ているので、いつでも、釣りをしたり、泳いだり、ボート遊びができるのです。今回は8月、向うは冬でしたので、泳ぐのは無理でしたが、2度目に行った時は夏真っ盛りでしたので、元旦そうそう泳いでいました。

b0065418_0142336.jpg

ボートを所有している家も、多かったです。
庭先で湖を眺めていると、夏は、親子で泳いでいたり、ボートで競争していたりと、湖の上から、
「グッ・モーニング!」と声がかかります。
ここから眺める夕陽も、素晴らしかった~!

b0065418_018407.jpg

湖に面したガーデンでのBBQは、開放感があって、とっても楽しいです。
うまくすれば、魚もゲットできるんですよ。
この家は、珍しく2階建てです。ここでは、2階建てはめったに見られません。

b0065418_022372.jpg

所々に砂浜になっている所もあって、泳ぐのには、ここが良かったですね。
この砂浜の一部は、公園になっているので、誰でもここからボートに乗ったり、泳ぐことができます。

b0065418_13313428.jpg

お花がいっぱい、どこの家も表はみんなこんな感じです。
綺麗な綺麗なところです。
お気に入りのクリストファー君の家です。

b0065418_13325491.jpg

[PR]
by wasabimz | 2005-04-06 00:38 | オーストラリア